全手動軽文量産機

──A.L.M──

書庫へ戻る |  日記過去ログ |  アビス総合目次 |  ジャンク作品目次 |  お勧め一次創作 |  お勧め二次創作 |  掲示板 |  注意書き |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バンザイ、超振動ライフ エピローグ



              【18】



 ───それは『ここ』ではない『どこか』。

 ───この世から隔絶された、とある奇妙な空間で交わされた、二人の会話。


「ルーク」
「ぅーん……って、あんた誰だ?」

「私が第七音素集合意識体、ローレライである!!」
「……はぁ……ローレライ」
「私が第七音素集合意識体、ローレライである!!」
「いや、それはもうわかったから!」

「うむ、そうか。ルーク、スコアとは如何なるものだと考える?」
「また唐突だな。未来の可能性だろ?」
「それも間違っていないが、絶対に外れることのない預言だ」
「でも、外れたぞ?」
「うむ。少し言葉が足らなかったか。外れることがない預言とは、すべての預言の根源たる星の記憶のみを指す。なぜ外れることがないと言えるかと言えば、起きた結果を受けて、預言の内容そのものが刻一刻と変化するからだ」
「うっわ……なにそれ、サギくさい力だな」
「うむ。だが事実だ。アカシックレコードの絶対性とはその程度のものでしかない。結局の所、事態が起きた後に見れば、すべての預言の原文は正しいものに修正されているのだからな」

「教団の言ってることは、間違いじゃねぇけど正しくもなかったってことか」
「うむ。ちなみに、ユリアはこのアカシックレコードを常時垣間見る力があった。彼女はこの力をもって、後世は世界中の賭博場を巡りウハウハになった」
「なんか色々とユリアのイメージが台無しだーっ!!」

「まあ、雑談はここまでにしておくとして、そろそろ本題に入ろうか」
「しかも本題じゃなかったのかよ! つ、疲れる。……そんで、何の話しだよ?」

「君の助力もあって、私もようやく音符帯に昇ったわけだが、まだ完全ではない。不純物があるためだ」
「不純物?」
「ルーク、君だ」
「俺……?」
「不純物を取り除くことで、私は完全になれる」

「えーと、つまりどういうことだ?」
「つまり望むなら、君は地上に戻ることができるということだ」
「え、マジで!?」
「うん。で、どうする? 戻っとく?」
「なんか突然軽っ!?」

「なんだ戻りたくないのかね?」
「い、いや、戻りたい。いえ、戻りたいです、はい」
「うむ。素直で宜しい。では……」

「えっと、そこでなんで釘バットを取り出しますか?」
「これは聖剣《えくすかりぼるぐ》。これを脳天に打ちつけることで君は目覚める」
「えーと、やっぱりこの話はなかったことに……」
「もう遅い」
「ちょ、ま───!?」




          ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪






              【19】




 ───はっ!?

 な、なんか物凄い原初的な恐怖を伴う理不尽さを体験したような気がするが……思い出してはいけないと本能が全力で警告を発してるので、とりあえず気にしないことにしよう。

 それよりも、だ。

「……ここっていったいどこよ?」

 とんでもない数の人々が俺に視線を向けていた。
 何故か場違いなまでに荘厳な雰囲気ただよう聖堂の中心に、俺は一人突っ立って居ます。

 ここって……教団の聖堂か?

 礼拝日だったのか、教団の司祭から信者まで凄まじい数がこの聖堂に詰めている。
 天に向けて駆け昇る光の柱と共に現れた俺に、誰もが仰天しているようだ。

「か、彼はなんだ……?」
「ひ、光の柱の中から現れたぞ」
「おぉぉぉ……天の御使いの降臨じゃ」

 向けられる視線に気押されるまま固まってると、司祭の一人が俺に近づいて来た。

「あ、あなたさまは、いったい……?」
「あー……それよりも、ちょっと聞きたい事があるんだが、いいか?」
「は、はぁ……私に応えられることなら」

「俺達が外郭大地を降下させてから、どんくらい経ったかわかるか、あんた?」
「大地を降下させた……? ……っ──!? なんと、では、あなたさまはあの聖なる炎の光!?」
「うん、まあそうだけど……って、なんだぁっ?!」

『ぉぉぉっぉぉぉっ!!』

 司祭の発した一言に、周囲に佇む信者たちのざわめきがこれまで以上に激しくなる。

 な、なんかこれって、ちょっと危険な領域にまで高まっていないか?

 周囲の信者の熱気にかなり気押された俺の様子を見て取ってか、司祭が任せておけとばかりに俺に頷き返す。

「皆のもの、落ち着きなさい!」

 俺と話していた司祭はざわめく信者達の前に出ると。

「粛々と聞け! この御方こそは聖なる焔の光!! ローレライより使わされた、救世主の再来に他ならないっ!!」

 とんでもねぇ発言をかましやがった。

『うぉぉぉっぉぉぉっ!!』

 おまけに信者達もそれを訝しむでもなく、何故か一斉に歓声を上げてやがります。

 拳を振りかざし熱弁する司祭の一言一言に、信者は一喜一憂して歓声を上げる。

 こ、こいつは……ヤベェ! 俺の本能がビンビン警告を送って来る。

 こ、これがカルトの熱気ってやつなのか……!? 

 とてつもなく狂的な熱気に浸る群衆に、俺は一人恐ろしいと戦慄する。
 しかし、そんな俺の様子に気付く気配もなく、かなりいっちゃってる瞳になってきた司祭が俺を振り返る。

「さぁ、救世主殿! あなたさまの武勇伝を皆にお聞かせ下さい!!」
「え、いや、あの……」
「さぁ、さぁさぁさぁ!」
「その、俺は……」
「さぁ!!」



               ~数十分後~



「───こうして俺は超振動の力をもって世界を救ったっ!」

『うぉぉぉっぉぉ──!!』

「さぁ、俺を神と崇めよ愚民共っ!!」

『バンザァァーイ! バンザァァーイ! 超振動バンザァァーイ!!』


 ……ものの見事にカルトの雰囲気に飲まれた俺の姿があったとさ。




 こうして、俺が教団からカルト的歓待を受けること数時間。

 教団に帰還したティアと俺はばったり再会。

 調子に乗りに乗りまくっていた当時の俺は、再会時にかなり空気読めてない発言をかました。

 これを受けて涙目になったティアが譜術で反撃、しこたましばかれた後で、俺はようやく正気に返るのだった。がくり。




              【20】




 ……と、まあそんなこんなで、帰還時にも色々なことがあった訳だが、俺が地上に帰って来てから既に数年が経った。

 俺の惚れた相手は順当にアッシュと結婚。きっと毎日セクロス三昧なんだろう。
 くっ……死にたい!

 ちなみにアッシュがインゴルベルト名を継いだことで、ルークという名前は正式に俺だけのものになった。

 俺は公爵家を継いで、ベルケンド領を相続している。
 ファブレの家が領地があるのに王都に居たのは、俺が王都に軟禁されてたからだ。
 軟禁も既に有名無実なものと化していたので、もはやこのまま王都に止まる理由もない。
 これ幸いとばかりに、俺は自宅をベルケンドに移して引き籠もった。
 日夜研究所に通いつめ、ベルケンドの譜業技術は世界一ィィィッッ!! を目指している。

 それと俺が帰還したときカルト的熱気に煽られて、神と崇めよと言い放った影響か、時折教団信者が俺を崇めに来る。
 生き神様じゃぁーと通りすがりの老人達に拝まれたりすると、正直、かなり死にたくなります。

 スコアの絶対性が崩れた今、目に見えた新たな信仰対象探してた教団にとって、俺の登場は渡りに船だったのだろうが、拝まれるこっちとしては勘弁して欲しかった。

 また俺の神発言の影響で、調子にのってた俺をノシたティアが聖女さま呼ばわりされていたりもする。
 教団から押しつけられた聖女の責務として、ティアは週に一度必ず生き神認定された俺の所に来るはめなってしまった。

 そんな理由もあって、俺とティアは週に一度、何をするでもなく顔を合わせて、お茶を飲む。
 ティアと茶を飲むのは和むので悪くはないんだが、最近彼女の来る頻度が増しているような気もする。

 特に用があるわけでもないのに、いったいどういうつもりなんだろうな?
 そんな事を前に遊びに来たガイに尋ねたら、すごい微妙な顔された。なんでだろうな?

 まあ、こういう疑問も、生きていればこそのものなんだろうけどな。

「なにを書いてるの?」
「ん? まあ、日記みたいなもんだ」
「日記……?」

 ふぅんと声を上げて、ティアはちょっと小首を傾げた。

 庭先に設置されたテラスに穏やかな風が流れ、春の訪れを告げる。

 ちなみに、今もそんなティアとのお茶会の時間だ。
 教団でも上位に昇り詰めつつあるティアはけっこうストレスが溜まっているようで、お茶会の間、俺は主に聞き役に廻る。
 俺の生き神認定の件に関して愚痴を言われたりもするが、何だかんだ言って、ティアはここに来ることを止めようとしない。
 口には出さないが、特に何をする訳でもないこの一時が、彼女も意外と気に入ってるのかもしれない。

 思えばこれまで色々なことがあった。

「どうしたの? 今度は突然ニヤニヤし始めて……?」
「いや、別に大した事じゃねぇーよ」

 俺は笑みを浮かべながら彼女の質問をはぐらかす。

 しかし、いまだ世界は終わることなく、今日も今日とて日は昇る。

「本当かしら……?」
「ああ、嘘じゃないって。本当に大した事ない、どーでもいいことさ」

 あくまで疑いの目を向ける彼女に軽く応えながら、俺はゆっくりと、日記のページを閉じた。






Tales of the ABYSS

もしも断髪式がなかったら
──バンザイ、超振動ライフ──

終 わ り


  1. 2007/06/03(日) 00:03:22|
  2. TOA中編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

万歳ルクティアエンド
  1. 2009/04/15(水) 23:03:03 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可(誤字・脱字等の報告を下さる場合は、チェックして頂けると幸いです)

トラックバック

トラックバックURL
http://suimin5088.blog58.fc2.com/tb.php/175-7a487da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
書庫へ戻る |  日記過去ログ |  ジャンク作品目次 |  アビス一覧目次 |  お勧め一次創作 |  お勧め二次創作 |  掲示板 |

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。